ロードバイクの情報を発信しています!

SILCAからチタンストローで出来たBourbon Titaniumボトルゲージを発売

https://silca.cc/products/titanium-cage-straw-kit-small-batch機材情報
Photo silca.cc
この記事は約3分で読めます。

使い捨てストローとか、プラスチックの問題は海洋汚染など様々な問題を引き起こしている。

イタリアの老舗ブランドSILCAは、2019年12月にチタン製の再利用可能なストローを発売しており環境問題に対して取り組んでいた。

SILCAは、チタン製の Bourbon Titaniumボトルゲージを発表。製品には2本のチタンストローもセットとなっている。

 

スポンサーリンク

SILCA Bourbon Titaniumボトルゲージ

Photo silca

最初に発売されていたのはチタン製のストロー。

30ドルで、3色のチタンストローのペア(1つはストレート、もう1つはカーブ)。

これらのストローは、4種類の色で陽極酸化され、レーザーエッチング、ビーズブラスト加工が施されている。

チタンなので耐久性もあり、何度も使うにはピッタリだ。結構オシャレだし。

実は、このストローはチタン製ボトルゲージを作成した時に出来る余った材料から作成されたものだった。

ボトルゲージとストローであまったチタンは更にリサイクルされているから徹底してますね。

 

Photo silca

SILCAは Chris Kingにインスピレーションを受けて、Bourbon Titaniumボトルゲージを作成したという。

SICURO Tiケージは、米国のインディアナポリス本社で手作りされており、カスタム製造プロセスと最先端のレーザー溶接機を使用。これは自転車業界では初めての試み。

チタンを薄い筒状にするのは難しい技術のようだ。(詳しくはSILCAのサイトで)

 

設計した理由

SILCAは、究極のボトルケージを作成するために、管状のチタン構造の外観、感触、耐久性に完全に魅了された。

砂利やその他の粗い表面での保持力が向上し、アドベンチャーライディングやツーリングで一般的なダウンチューブの下側に取り付けると優れた場合の耐久性が証明されたケージが生成された。

見た目はクラシックだが、素材とその製造は複雑でハイテクだ。

 

Photo silca

上下のチタンボトルの色まで変えているのはこだわりですね。

 

Bourbon Titaniumボトルゲージ仕様

  • シームレスな3-2.5チタンチューブ
  • 拡張調整マウント-最大16mm前後
  • 薄型6-4チタン製取り付けネジ(各1.5グラム)
  • 重量-ネジなしの場合29グラム
  • SILCA Shield Warrantyにより、25年保証がついている
  • 価格 175ドル(1万9千円)

 

ストロー仕様

Photo silca

  • 6.35mm直径3 / 2.5チタンチューブ
  • 1つの直線8.5 “+ 1つの曲がった8.5″チタンストロー
  • 食器洗い機OK

 

ボトルゲージは2個。ストローは2本ついてくる。

なお、バーボンのボトルは別売り(^-^;

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました