ロードバイクの情報を発信しています!

2022 ブエルタ・ア・ブルゴス第5ステージ  最終超級山岳で総合優勝は誰の手に?

海外情報
Photo credit: Rodrigo_Soldon on VisualHunt
この記事は約20分で読めます。

ブエルタ・ア・ブルゴスも最終ステージ。

ここまでINEOS Grenadiersのパヴェル・シヴァコフが総合トップ。2位はBahrain Victoriousのサンティアゴ・ブイトラゴで、23秒差。

最後の超級山岳で十分に逆転が可能なタイム差だ。多くのトップクライマーがここで逆襲に出ることは十分に考えられる。

総合優勝は誰の手に渡るのか注目してみておきたい。

 

スポンサーリンク

第5ステージ   レルマス ~ ラグナス デ ネイラ  170 km 

コースプロフィール photo vueltaburgos

 

決戦は、ラグナス・デ・ネイラ自然保護区に向かう超級山岳。平均勾配は6.2%となっているが、ライト5kmからは10%勾配が続く。

ラスト1kmでは11.2%勾配に。2年前はイバン・ソーサ、昨年はヒュー・カーシーが、この登りでステージを勝ち取っている。

タイム差は少ないので、今年ステージを獲得するクライマーが総合優勝となる可能性はとても高いと言えるだろう。パヴェル・シヴァコフがトップを守るには遅れないことが重要となる。

 

  1. 3級山岳 Alto del Majadal  7.4km・2.7%
  2. 3級山岳   Alto Arroyo     3.6km・2.5%
  3. 3級山岳   Alto del Collado de Viviestre  3km・4.5%
  4. 超級山岳   ラグナス・デ・ネイラ   11.5km・6.2%

 

スタート前 

TIZ-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

ステージ2勝をあげたBahrain Victorious。サンティアゴ・ブライトゴの逆転はあるのか。新城幸也の活躍できる場面はあるかな。

 

今日も最後の登りでは、テイオ・ゲイガンハートがパヴェル・シヴァコフをアシストすることになるか。それともカルロス・ロドリゲスか。

 

さあ、スタート。

 

最初に出来た17人の逃げは吸収。その後に7人がアタック。だが、この7人も40秒のタイム差をつけたが、捕まる。

  1. ジーノ・マーダー Bahrain Victorious
  2. ダニオ・カタルド Trek-Segafredo
  3. ワジム・プロンスキー Astana Qazaqstan Team
  4. マルコ・フリゴ  Israel – Premier Tech
  5. Jonathan Lastra (Caja Rural – Seguros RGA)
  6. カルロス・カナル (Euskaltel – Euskadi)
  7. CABEDO Óscar (Burgos-BH)

 

3人の逃げ

3人が逃げている。これくらいの人数ならば許して貰えると言った感じか。

  1. マルコ・フリゴ Israel – Premier Tech
  2. イェツセ・ボル Burgos-BH
  3. カルロス・カナル Euskaltel – Euskadi

 

昨日優勝したBahrain Victoriousのマテヴジュ・ゴヴェカールは集団後方に。

 

新城幸也は、Movistar Teamのイバン・ガルシアの後ろで走っている。隣はイバン・ソーサ。日本チャンピオンジャージだとすぐにわかるので便利だ。

 

残り38.5kmで2分30秒差。一番左は新城幸也かな。

 

マルコ・フリゴは、Israel Cycling Academyの選手。2023年から2年契約でワールドチームに昇格する。

 

集団牽引は、EF Education-EasyPost、Astana Qazaqstan Team 、INEOS Grenadiersがになっている。先頭はヨナタン・カイセド。

 

3級山岳   Alto del Collado de Viviestre  3km・4.5%

残り25.6km。先頭は3級山岳へ。

 

先頭は3級山岳を通過。

  1. イェツセ・ボル Burgos-BH 6ポイント
  2. マルコ・フリゴ  Israel – Premier Tech  4ポイント
  3. カルロス・カナル    Euskaltel – Euskadi 2ポイント
  4. ŘEPA Vojtěch (Equipo Kern Pharma)  1ポイント

 

下りではEuskaltel – Euskadiのカルロス・カナルが遅れて二人に。

 

先頭は、Euskaltel – Euskadiのカルロス・カナルが追いついて単独となった。二人は8秒差で小さく見えている。

 

残り15kmで2分5秒差。

 

超級山岳   ラグナス・デ・ネイラ   11.5km・6.2%

1分21秒差に。どこまで逃げれるか。

 

EF Education-EasyPostのヨナタン・カイセドが集団を引く。

 

なんと、登りで落車。道路下に転げ落ちる。

 

大丈夫そうだ。

  • AZURMENDI Ibai (Euskaltel – Euskadi)

 

逃げていたBurgos-BHのイェツセ・ボルが捕まる。山岳なのでカメラの調子が悪く映像が乱れる。

 

集団はAstana Qazaqstan Team が引き始めた。

 

先頭はIsrael – Premier Techのマルコ・フリゴに変わっている。

 

集団からTrek-Segafredoのフアン・ロペスがアタック!

後ろは、Jumbo-Vismaのクリス・ハーパー。

 

マルコ・フリゴがJumbo-Vismaのクリス・ハーパーに抜かれる。これで逃げは消滅だ。

 

クリス・ハーパーは単独となった。

 

集団はINEOS Grenadiersが引く。

 

クリス・ハーパーは、12秒引き離した。

 

残り3.5km。8秒差となり集団がみえてくる。クリス・ハーパーはJumbo-Vismaから移籍だ。

 

クリス・ハーパーは、残り2.7kmで捕まってしまった。

 

Bahrain Victoriousのミケル・ランダは切れてしまう。

 

INEOS Grenadiersのカルロス・ロドリゲスがテイオ・ゲイガンハートに変わって引く。

 

ここで、Astana Qazaqstan Team のミゲルアンヘル・ロペスがアタック!

 

だが、一気にはミゲルアンヘル・ロペスも引き離せない。

 

後方では、Movistar Teamのイバン・ソーサが遅れてしまう。

 

残り1.9km。このままミゲルアンヘル・ロペスが逃げ切るか?

 

残り1.7kmでUAE Team Emiratesのジョアン・アルメイダが集団から切れてしまう。

 

ミゲルアンヘル・ロペスは、スペインチャンピオン、カルロス・ロドリゲスに捕まってしまう。

 

先頭は6人に。それにしてもカルロス・ロドリゲスの引きは強烈だ。集団を絞っていく。

  1. カルロス・ロドリゲス INEOS Grenadiers
  2. パヴェル・シヴァコフ INEOS Grenadiers
  3. ジェイ・ヒンドリー BORA – hansgrohe
  4. サンティアゴ・ブライトゴ Bahrain Victorious
  5. ミゲルアンヘル・ロペス Astana Qazaqstan Team
  6. ウイルコ・ゲルデルマン BORA – hansgrohe

 

ここで3人が抜け出す。

  1. カルロス・ロドリゲス INEOS Grenadiers
  2. パヴェル・シヴァコフ INEOS Grenadiers
  3. ミゲルアンヘル・ロペス Astana Qazaqstan Team

 

カルロス・ロドリゲスが引き終わったところで、パヴェル・シヴァコフが前に。

 

後ろを見て、誰もいないことを確認したカルロス・ロドリゲスが、また前を引く。

 

なんと、後ろから遅れていたジョアン・アルメイダが追いついてきた。

 

Bahrain Victoriousの新人賞ジャージ、サンティアゴ・ブライトゴが切れた。

 

ジョアン・アルメイダが追いついた。

 

ここで、ジョアン・アルメイダがアタック!

 

パヴェル・シヴァコフが顔をしかめた。

 

パヴェル・シヴァコフはついていけない。

 

ジョアン・アルメイダは後方を確認して最後のスパートへ。

 

ゴール前で、ジョアン・アルメイダがラストスパート!

 

あ~、ミゲルアンヘル・ロペスが下を向いた。

 

勝ったのはジョアン・アルメイダだ~!

さすが、マイベースで登る男だ。急激なペースアップにはついていけないけど、少しでも牽制してくれると追いついてしまう。一定ベースだととても強い。

ジョアン・アルメイダは、このステージ優勝で総合でも2位にジャンプアップした。ミゲルアンヘル・ロペスも、表彰台だ。

 

パヴェル・シヴァコフは7秒遅れでゴール。無事に総合優勝獲得だ。カルロス・ロドリゲスが最後まで献身的にアシストしてくれたのが非常に大きい。

カルロス・ロドリゲスもしっかりと総合4位を獲得。

 

こちらはハイライト動画

 

スポンサーリンク

リザルト

第5ステージ リザルト

ジョアン・アルメイダのコメント(公式サイトより)

今日は本当にうまくいった。ここ数ヶ月は難しい時期で、バイクのフィーリングもあまり良くなく、自分のフォームを見つけるのに苦労していたので、特別な勝利だ。

今週は自分の走りをすることが重要で、今日は調子が良かったのでアタックして勝利を手にすることができた。次の目標は2週間後のブエルタ・ア・エスパーニャなので、今日からさらに自信をつけて臨むよ。

今は少し休んで、最後のトレーニングを行い、ブエルタに備えたいと思う。本当に楽しみだ。

RnkRiderTeamUCITime
1
 ALMEIDA João
UAE Team Emirates204:06:19
2
 LÓPEZ Miguel Ángel
Astana Qazaqstan Team10,,
3
 SIVAKOV Pavel
INEOS Grenadiers50:07
4
 RODRÍGUEZ Carlos
INEOS Grenadiers 0:15
5
 VAN WILDER Ilan
Quick-Step Alpha Vinyl Team 0:21
6
 GUERREIRO Ruben
EF Education-EasyPost 0:28
7
 HINDLEY Jai
BORA – hansgrohe 0:33
8
 ELISSONDE Kenny
Trek – Segafredo 0:43
9
 CARTHY Hugh
EF Education-EasyPost 0:48
10
 KELDERMAN Wilco
BORA – hansgrohe ,,
11
 POELS Wout
Bahrain – Victorious 0:50
12
 BUITRAGO Santiago
Bahrain – Victorious ,,
13
 BERRADE Urko
Equipo Kern Pharma ,,
14
 CABEDO Óscar
Burgos-BH 0:54
15
 PEDRERO Antonio
Movistar Team 1:01
16
 VALVERDE Alejandro
Movistar Team ,,
17
 NIBALI Vincenzo
Astana Qazaqstan Team ,,
18
 CHAVES Esteban
EF Education-EasyPost 1:06
19
 DÍAZ José Manuel
Burgos-BH 1:10
20
 SOSA Iván Ramiro
Movistar Team 1:15
21
 GARCÍA PIERNA Raúl
Equipo Kern Pharma 1:17
22
 GEOGHEGAN HART Tao
INEOS Grenadiers ,,
23
 NICOLAU Joel
Caja Rural – Seguros RGA ,,
24
 RICCITELLO Matthew
Israel – Premier Tech 1:22
25
 MÄDER Gino
Bahrain – Victorious 1:26
26
 FABBRO Matteo
BORA – hansgrohe ,,
27
 FORTUNATO Lorenzo
EOLO-Kometa ,,
28
 CHAMPOUSSIN Clément
AG2R Citroën Team 1:29
29
 PERNSTEINER Hermann
Bahrain – Victorious 1:31
30
 NIEVE Mikel
Caja Rural – Seguros RGA 1:34

総合

パヴェル・シヴァコフのコメント

コンディションがいいのは分かっていても、勝てるとは思っていなかった。

ツール・ド・ポローニュを制した2019年以来の総合優勝ですね。

久しぶりの勝利で、満足感もあり、自信にもつながった。これが必要だったんだ!

ブルゴスでの勝利とクラシカ・サンセバスティアンでの2位により、ブエルタに選ばれるのは確実のようですね。

ブエルタのセレクションはまだ分からない、来週にはチームで決めなければならない。私がその一員になるかどうかは、これからだ。そうでない場合は、話し合って私のスケジュールを確認する。

RnkPrev▼▲RiderTeamUCITime
11
 SIVAKOV Pavel
INEOS Grenadiers20019:00:23
215▲13
 ALMEIDA João
UAE Team Emirates1500:35
316▲13
 LÓPEZ Miguel Ángel
Astana Qazaqstan Team125,,
411▲7
 RODRÍGUEZ Carlos
INEOS Grenadiers1000:41
59▲4
 VAN WILDER Ilan
Quick-Step Alpha Vinyl Team850:42
63▼3
 GUERREIRO Ruben
EF Education-EasyPost700:47
75▼2
 HINDLEY Jai
BORA – hansgrohe600:52
82▼6
 BUITRAGO Santiago
Bahrain – Victorious501:06
98▼1
 KELDERMAN Wilco
BORA – hansgrohe401:09
1013▲3
 ELISSONDE Kenny
Trek – Segafredo351:18
117▼4
 NIBALI Vincenzo
Astana Qazaqstan Team301:22
126▼6
 CHAVES Esteban
EF Education-EasyPost251:27
134▼9
 GEOGHEGAN HART Tao
INEOS Grenadiers201:36
1419▲5
 SOSA Iván Ramiro
Movistar Team151:50
1514▼1
 NICOLAU Joel
Caja Rural – Seguros RGA101:52
1617▲1
 CHAMPOUSSIN Clément
AG2R Citroën Team52:04
1721▲4
 VALVERDE Alejandro
Movistar Team52:07
1818
 BIZKARRA Mikel
Euskaltel – Euskadi52:09
1912▼7
 BUCHMANN Emanuel
BORA – hansgrohe52:11
2020
 PERNSTEINER Hermann
Bahrain – Victorious5,,
2122▲1
 DÍAZ José Manuel
Burgos-BH52:20
2210▼12
 DE PLUS Laurens
INEOS Grenadiers52:37
2324▲1
 CARTHY Hugh
EF Education-EasyPost52:58
2434▲10
 BERRADE Urko
Equipo Kern Pharma54:10
2532▲7
 PEDRERO Antonio
Movistar Team54:12
2638▲12
 CABEDO Óscar
Burgos-BH54:14
2729▲2
 MÄDER Gino
Bahrain – Victorious54:37
2840▲12
 RICCITELLO Matthew
Israel – Premier Tech55:33
2937▲8
 PICCOLI James
Israel – Premier Tech55:35
3030
 HÄNNINEN Jaakko
AG2R Citroën Team55:40

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11
 GUERREIRO Ruben
EF Education-EasyPost54
26▲4
 SIVAKOV Pavel
INEOS Grenadiers43
32▼1
 BUITRAGO Santiago
Bahrain – Victorious38
43▼1
 TRONCHON Bastien
AG2R Citroën Team32
512▲7
 RODRÍGUEZ Carlos
INEOS Grenadiers31
611▲5
 VAN WILDER Ilan
Quick-Step Alpha Vinyl Team30
74▼3
 GEOGHEGAN HART Tao
INEOS Grenadiers30
8 
 ALMEIDA João
UAE Team Emirates25
97▼2
 GOVEKAR Matevž
Bahrain – Victorious25
1017▲7
 HINDLEY Jai
BORA – hansgrohe24

山岳賞

ステージ2位、総合3位となったミゲルアンヘル・ロペスのコメント

ジロ・デ・イタリアでの怪我から回復するために長い期間を経てここに来た。

これだけ長い間、レースのリズムがつかめなかったので、今回のパフォーマンスには満足している。まだ体調を整えるのに時間がかかると感じるのは、理にかなっている。

このレースで良い結果を出したいと思っていたし、今日はステージ優勝と表彰台のためにベストを尽くした。

最後の上りで総合優勝候補との競争を繰り広げましたね。

まあ、優勝はできなかったけど、最終的に表彰台に上ったし、山岳ジャージも獲得できたから、今週はいい感じだよ。

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
15▲4
 LÓPEZ Miguel Ángel
Astana Qazaqstan Team49
27▲5
 SIVAKOV Pavel
INEOS Grenadiers42
31▼2
 ŘEPA Vojtěch
Equipo Kern Pharma35
4 
 ALMEIDA João
UAE Team Emirates30
52▼3
 AZPARREN Xabier Mikel
Euskaltel – Euskadi28
63▼3
 NICOLAU Joel
Caja Rural – Seguros RGA26
74▼3
 TRONCHON Bastien
AG2R Citroën Team26
86▼2
 SEVILLA Diego Pablo
EOLO-Kometa23
98▼1
 EZQUERRA Jesús
Burgos-BH22
1021▲11
 RODRÍGUEZ Carlos
INEOS Grenadiers20

新人賞

カルロス・ロドリゲスが新人賞に。

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
13▲2
 RODRÍGUEZ Carlos
INEOS Grenadiers19:01:04
22
 VAN WILDER Ilan
Quick-Step Alpha Vinyl Team0:01
31▼2
 BUITRAGO Santiago
Bahrain – Victorious0:25
45▲1
 RICCITELLO Matthew
Israel – Premier Tech4:52
58▲3
 MARTIN Alex
EOLO-Kometa9:51
64▼2
 TRONCHON Bastien
AG2R Citroën Team12:47
79▲2
 FRIGO Marco
Israel – Premier Tech13:20
811▲3
 ŘEPA Vojtěch
Equipo Kern Pharma13:40
912▲3
 GARCÍA PIERNA Raúl
Equipo Kern Pharma13:45
106▼4
 HOLLYMAN Mason
Israel – Premier Tech14:18

チーム賞

RnkPrev▼▲TeamClassTime
11 BORA – hansgroheWT57:02:04
22 INEOS GrenadiersWT1:17
34▲1 Bahrain – VictoriousWT3:15
45▲1 Movistar TeamWT3:38
56▲1 EF Education-EasyPostWT3:58
67▲1 Astana Qazaqstan TeamWT9:04
78▲1 Caja Rural – Seguros RGAPRT9:31
89▲1 Quick-Step Alpha Vinyl TeamWT10:39
910▲1 Burgos-BHPRT12:16
1012▲2 Equipo Kern PharmaPRT13:26

新城幸也は12分39秒遅れの86位でステージを終えた。総合88位でフニッシュ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました