ロードバイクの情報を発信しています!

Team Jumbo-VismaとDelkoがパリ~ルーベで1日限りの特別ジャージで登場

機材情報
Photo credit: joménager on Visualhunt.com
この記事は約4分で読めます。

今年はコロナの影響で10月開催となったパリ~ルーベ。

このレースでTeam Jumbo-VismaとDelkoは1日限りの特別ジャージで走る。

それぞれのチームのジャージを見てみよう。

 

スポンサーリンク

Jumboの100周年記念

こちらがパリ~ルーベの石畳を走るTeam Jumbo-Vismaのユニフォーム

 

2015年からスーパーマーケットの Jumboは、自転車とスケートのスボンサーをしている。

1回限りのジャージは、「1921年以来」と書かれた星型のエンブレムが前と後ろに描かれている。

Jumbo100年という言葉は、正面のエンブレムの上と左袖に表示される。

 

photo teamjumbovisma

 

デザインは、パリ~ルーペに合わせて特別に設計されており、背面の下部には、石畳のストリップの画像が描かれている。

各ライダーは、名前、番号、国旗を示す旗が石畳の画像の下に表示される。

 

 

出場メンバーは

  • 31  ワウト・ファンアールト  ベルギーチャンピオン
  • 32  エドアルド・アッフィニ
  • 33  パスカル・エーンクホーン
  • 34   ディラン・フルネーフェン
  • 35   ティモ・ローセン   オランダチャンピオン
  • 36   マイク・テウニッセン
  • 37   ネイサン・ファンフーイドンク

 

マイク・テウニッセンは2013世界選手権U23のシクロクロスチャンピオンなので頼りになるはず。この時の3位はワウト・ファンアールト。

マイク・テウニッセンは2019年パリ~ルーベ7位の実績もある。ワウト・ファンアールトはどうでしょうね。スーパーな足が戻っていれば良いのですけど。

 

 

 

Delko

photo Look

 

Delkoは、パートナーであるLOOK CYCLEのモンドリアンカラーを身にまとい、伝説的なパリ~ルーベのレースに挑むことになった。

1985年にラヴィクレールが着用していたジャージのレプリカモデルだ。

黒のラインに赤、黄、青のブロックが特徴的な「LOOK 1985」は、LOOKが特別にデザインし、ウェアパートナーであるマルチェロ・ベルガモが製造。

 

photo Look

 

若いスタッフやライダーに、このジャージを見せたところ、彼らの最初の反応は「自分も欲しい」というものだったそう。

ベルナール・イノーやグレッグ・レモンなどの偉大な選手が着用した歴史的なジャージ。スポンサーを祝うために、Delkoは、記念のLook 1985ジャージとビブショーツを着用する。

Look 1985ジャージは50セット限定生産で提供される。パリ~ルーベではLOOKジャージにも注目ですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました