ロードバイクの情報を発信しています!

Mitchelton-Scott は、Team BikeExchangeとチーム名を変更 新しいチームジャージも公開

海外情報
photo greenedgecycling..com
この記事は約3分で読めます。

Mitchelton-Scotのチーム名は、GreenEdgeCyclingと伝えられていたが、1月1日よりTeam BikeExchangeとチーム名変更となったことを発表。

それに合わせて、バイクスポンサーのビアンキのチェレステカラーに合わせてチームジャージも変更されている。

 

スポンサーリンク

Team BikeExchange

インスタグラムの動画で、新しいチームジャージを披露している。
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Team BikeExchange(@mitchelton_scott)がシェアした投稿

 

BikeExchangeの名前がタイトルスポンサーにつくのは2016年以来。

これまでのチーム名は

  • 2012  Orica GreenEDGE 
  • 2013 Orica GreenEDGE 
  • 2014  Orica GreenEDGE 
  • 2015  Orica GreenEDGE 
  • 2016 ORICA-BikeExchange
  • 2017 ORICA-Scott
  • 2018 Mitchelton-Scot
  • 2019 Mitchelton-Scot
  • 2020 Mitchelton-Scot
  • 2021 Team BikeExchange

 

BikeExchangeは、2007年にオーストラリアで設立された。その目的は、売買を容易にすることで、ライディングへの情熱を刺激すること。

BikeExchange Groupは、サイクリング購入のために世界中の何百万もの買い手と売り手を集めており、そのサイトへの年間訪問数は3,900万回を超えている。

1450以上の小売業者と1,500以上のブランドがBikeExchangeサイトにあり、600,000以上の製品が利用可能となっている。

eコマーストランザクションは(前年度と比較して)145%増加し、世界中の小売業者やブランドへのセールスリードや問い合わせに対して10億5000万豪ドル以上を生み出している。

オーストラリア国内に店舗展開もしている。

2016年には共同スボンサーだったが、2021年からはタイトルスボンサーとなる。

 

photo greenedgecycling..com

バイクスボンサーも、スコットからビアンキに変更。

インスタのビデオでは、チェレステカラーとジャージがあっていて、結構カッコよい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました