ロードバイクの情報を発信しています!

トム・デュムランが乗るタイムトライヤルバイク サーヴェロP5 Disc

http://www.cyclingnews.com/features/tom-dumoulins-2019-cervelo-p5-gallery/ 機材情報
この記事は約4分で読めます。

ティレーノ〜アドリアティコ第1ステージで、2017世界タイムトライヤルチャンピオンのトム・デュムランが、新しいサーヴェロP5 Discで走りました。

Team Sunwebは、昨年までのGiantに代わるバイクとしてオフシーズンにカナダブランドであるサーヴェロとの契約をしています。

トム・デュムランが乗ったサーヴェロP5 Discを見てみましょう。

 

スポンサーリンク

サーヴェロP5 Disc

https://twitter.com/TeamSunweb

新しいタイムトライアルフレームセットは、ディスクブレーキのみ。

Di2ジャンクションをDHバー後端に内蔵できるほか、ディスクブレーキ化によりケーブル類もフルに内装され整備性も向上している。

Team sunwaveはティレーノ〜アドリアティコの第1ステージで3位でフニッシュした。

昨シーズン、Giantがスポンサードしていた時には、Giant TrinityタイムトライアルバイクをShimanoの姉妹ブランドであるProのホイールと組み合わせていました。

しかし、Proのタイムトライアルホイールはディスクブレーキ仕様としては利用できないため、チームはShimano Dura-Ace R9100ディスク、60mmフロントホイールと共にブランドのない後輪を使用しているようです。

このバイクは、パワーメーターを装備したShimano Dura-Ace R9100-Pクランクセットで構成されており、Shimano Dura-Ace R9170グループセットを備えています。

http://www.cyclingnews.com/features/tom-dumoulins-2019-cervelo-p5-gallery/

Tirreno-Adriaticoのオープニングステージでトム・デュムランがチームメイトを率いています。

https://twitter.com/TeamSunweb

http://www.cyclingnews.com/features/tom-dumoulins-2019-cervelo-p5-gallery/

http://www.cyclingnews.com/features/tom-dumoulins-2019-cervelo-p5-gallery/

自転車のフロントエンドには、エアロダイナミクスを向上させるための外部ステアラーシステムが装備されています。

http://www.cyclingnews.com/features/tom-dumoulins-2019-cervelo-p5-gallery/

デュムランは、Continental Podium TT 25mmチューブラータイヤとリアディスクカーボンホイールを組み合わせています。

http://www.cyclingnews.com/features/tom-dumoulins-2019-cervelo-p5-gallery/

空気抵抗になるものが一切ないです。

http://www.cyclingnews.com/features/tom-dumoulins-2019-cervelo-p5-gallery/

Sigma Sportコンピュータはかなり大きいですね。K-Edgeのコンピュータマウント。

http://www.cyclingnews.com/features/tom-dumoulins-2019-cervelo-p5-gallery/

ダウンチューブのヘッドはフロントホイールのインセットを特徴とし、さらにエアロダイナミクスの向上をはかっています。

http://www.cyclingnews.com/features/tom-dumoulins-2019-cervelo-p5-gallery/

一体型のステムとハンドルバーは調整が可能です。

http://www.cyclingnews.com/features/tom-dumoulins-2019-cervelo-p5-gallery/

フロントディスクブレーキは160mmローター

http://www.cyclingnews.com/features/tom-dumoulins-2019-cervelo-p5-gallery/

多くの現代のトライアルフレームセットと同様に、CervéloP5は特大サイズのシートクラスターエリアを備えています。

https://twitter.com/TeamSunweb

サドルの後ろにライブデータを取る機器が全ライダーに取り付けられています。

スポンサーリンク

Tom DumoulinのCervéloP5フルバイク仕様

  • フレームセット: CervéloP5、サイズ56
  • フロントブレーキ: Shimano Dura-Ace R9120、160mmローター
  • リアブレーキ: Shimano Dura-Ace R9120、140mmローター
  • ブレーキ/シフトレバー: Shimano Dura-Ace R9180
  • フロントディレイラー: Shimano Dura-Ace R9150
  • リアディレイラー: Shimano Dura-Ace R9150
  • カセット: Shimano Dura-Ace R9100
  • チェーン: Shimano Dura-Ace R9100
  • クランクセット: Shimano Dura-Ace R9100-P、175 mmクランク
  • 下ブラケット: PressFit4624
  • ホイールセット: Shimano Dura-Ace R9100、C60(フロント)
  • タイヤ: Continental Podium TT、25mmチューブラー
  • ハンドルバー: CervéloHB11 BasebarとEX11 30°Aerobar
  • ペダル: Shimano Dura-Ace R9100
  • シートポスト: Ritcheyシートクランプ付きCervéloP5シートポスト
  • コンピューター: Sigma Sport Rox 12.0

 

今シーズンのトム・デュムランはタイムトライヤルでは、シーズン当初であるせいか、やや精彩をかいているようです。今年の世界タイムトライヤルはどうでしょうね。またチャンピオンに返り咲けるでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました