ロードバイクの情報を発信しています!

Cannondaleから安価なSynapse Alloyエンデュランス ロードバイク3種類登場

機材情報
Image credit: Cannondal
この記事は約4分で読めます。

Cannondaleは、2023年に向けて3つの新しいSynapse Alloy エンデュランスロードバイクを発表した。

ブランドのSuper SixEVOレースバイクとSystem Sixエアロロードバイクからヒントを得て、フレームが設計されている。

 

スポンサーリンク

Cannondale Synapse

Image credit: Cannondal

 

Synapse Alloyのフレーム チューブは、絶対的な精度で成形され、突き合わされており、重量を増したり、乗り心地から離れたりすることなく、道路の振動や衝撃を吸収する。

 

Image credit: Cannondale

 

Synapseの快適さと信頼性は、実用性ももたらせる。バランスの取れたジオメトリ、十分な数のギア/ボトルマウント。

クッションとグリップをもたらす32mm幅のタイヤ用のクリアランスにより、Synapse はどんな道でも走れる準備が出来ている。

 

Image credit: Cannondale

 

一部のモデルには、Containトップ チューブ バッグが付属している。マウントの数は十分用意されている。

油圧ディスクブレーキ、コンパクトな50/34チェーンセット、SmartForm C2 アルミニウム合金フレームとフルカーボンフォーク。

 

Synapse1 Image credit: Cannondale

 

Synapse1 spec

  • フレームセット: 軽量 SmartForm C2 Alloy
  • グループセット: Shimano 105、11 スピード
  • ハンドルバー: Cannondale 3、6061アルミ
  • ステム: Cannondale 3、6061 アロイ、31.8、7°
  • シートポスト:Cannondale 3、6061アルミ 27.2 x 350mm
  • サドル: Fizik Aliante Delta
  • ホイール:DT Swiss R470 DB、28h、チューブレス対応
  • タイヤ: Vittoria Zaffiro Pro Bright Black、700 x 30c
  • 価格: £1,900(約30万円)

 

Synapse2 Image credit: Cannondale

Synapse2 spec

  • フレームセット: 軽量 SmartForm C2 Alloy
  • グループセット: Shimano TIAGRA
  • ハンドルバー: Cannondale 3、6061アルミ
  • ステム: Cannondale 3、6061 アロイ、31.8、7°
  • シートポスト:Cannondale 3、6061アルミ 27.2 x 350mm
  • サドル: Fizik Aliante Delta
  • ホイール:DT Swiss R470 DB、28h、チューブレス対応
  • タイヤ: Vittoria Zaffiro Pro Bright Black、700 x 30c
  • 価格: £1,650(約26万円)

 

Synapse3 Image credit: Cannondale

 

Synapse3 spec

  • フレームセット: 軽量 SmartForm C2 Alloy
  • グループセット: Shimano SORA
  • ハンドルバー: Cannondale 4, 6061アルミ, Compact
  • ステム: Cannondal 3、6061 アロイ、31.8、7°
  • シートポスト:Cannondal 3、6061アルミ 27.2 x 350mm
  • サドル: Cannondale Stage CX
  • ホイール:RD 3.1
  • タイヤ: Vittoria Zaffiro, 700 x 30c
  • 価格:£1,100(約17万円)

コメント

  1. だっく より:

    突然の指摘失礼します。
    CannondaleがところどころCannondalになってしまっているのは失礼だと思います。

    • ちゃん より:

      教えていただき大変ありがとうございます。過去記事に遡って訂正しておきました。また、教えていただけると大変助かります<(_ _)>

タイトルとURLをコピーしました