ロードバイクの情報を発信しています!

PARLEE RZ7エアロロードバイク すべてを風から隠す

https://www.bespokecycling.com/blog/road/the-new-parlee-rz7 機材情報

PARLEEはアメリカのブランド。2000年にボブ・パーリーがアメリカ・マサチューセッツにて創業した。世界最高のバイクを作るというシンプルな目標を掲げている。

乗り心地に妥協するつもりはないと、ボブ・パーリーは言っています。

レース用ボートの製造ノウハウを活かし、カスタムオーダーのカーボンフレームバイクを多数手がける。

 

スポンサーリンク

PARLEE RZ7エアロロードバイク

https://bikerumor.com/2019/04/13/all-new-parlee-rz7-aero-road-bike-hides-everything-from-the-wind-including-brakes/

Parlee RZ7はトップレベルのロードバイクで、1つのスピードマシンにロードバイクの最新の技術を組み込んでいます。 その一つは空力です。

自社開発のカスタムデザインやパーツでブレーキ部分などを覆い隠しています。

https://bikerumor.com/2019/04/13/all-new-parlee-rz7-aero-road-bike-hides-everything-from-the-wind-including-brakes/

ハンドルとかステムとかも自社開発しています。

https://bikerumor.com/2019/04/13/all-new-parlee-rz7-aero-road-bike-hides-everything-from-the-wind-including-brakes/

この自転車は、ディスクブレーキフェアリングを初めて使用したESRおよびTTiRトライアスロンバイクに由来する「フルートテール」デザインのRecurveチューブプロファイルを使用しています。

A2 Wind TunnelでのRZ7のテストでは、自社のAltum Discよりも平均17%優れた空力特性を示し、重量差は100g未満でした。

https://bikerumor.com/2019/04/13/all-new-parlee-rz7-aero-road-bike-hides-everything-from-the-wind-including-brakes/

ケーブル類をフレームの中に完全に隠すために、ハンドルバー、ステムとヘッドセットセクションを使うことによってなされます。 すべてがステムからステアラーチューブに流れ込み、次にステアラーからダウンチューブに出ます。

https://bikerumor.com/2019/04/13/all-new-parlee-rz7-aero-road-bike-hides-everything-from-the-wind-including-brakes/

チューブ成形もその大部分であり、そして美貌の一部でもあります。 ダウンチューブはフロントホイールに追従する微妙なカーブを持ち、フレームの一部はフォークのクラウンを包み込みます。

https://bikerumor.com/2019/04/13/all-new-parlee-rz7-aero-road-bike-hides-everything-from-the-wind-including-brakes/

パーリーは最大の空力性能を確実にするために、自社開発のフォーク、ステム、バーとシートポストを使っています。

https://bikerumor.com/2019/04/13/all-new-parlee-rz7-aero-road-bike-hides-everything-from-the-wind-including-brakes/

https://bikerumor.com/2019/04/13/all-new-parlee-rz7-aero-road-bike-hides-everything-from-the-wind-including-brakes/

彼らはカスタムスルーアクスルを使用して、フォークと後部ドロップアウトの両方でねじ込みインサートを隠します。 

https://bikerumor.com/2019/04/13/all-new-parlee-rz7-aero-road-bike-hides-everything-from-the-wind-including-brakes/

ブレーキキャリパーの上に合うオプションの「スピードシールド」デフレクターがあります。

https://bikerumor.com/2019/04/13/all-new-parlee-rz7-aero-road-bike-hides-everything-from-the-wind-including-brakes/

ディスクブレーキキャリパーをカバーするためにカーボンファイバーフェアリングを使用することによって、より大きな利益が得られます。

https://bikerumor.com/2019/04/13/all-new-parlee-rz7-aero-road-bike-hides-everything-from-the-wind-including-brakes/

https://bikerumor.com/2019/04/13/all-new-parlee-rz7-aero-road-bike-hides-everything-from-the-wind-including-brakes/

フェアリングは内側から固定されているので、ホイールを取り外す必要があります。

https://bikerumor.com/2019/04/13/all-new-parlee-rz7-aero-road-bike-hides-everything-from-the-wind-including-brakes/

エアロ性能についてだけではありません。彼らはそれが自社のAltumより7%堅いボトムブラケットセクションを持っていると言います、

ディスクブレーキだけに対応し、700×32までのタイヤを考慮に入れます。 RZ7は5つのサイズで利用可能で、幅広いライダーに対応するためにパーリーのモジュラーフィットシステムを使用します。

100台のみの限定バイク生産となり、ハイエンドの造りと特別なこだわりでFactory Editionになるでしょう。

価格は

  • Ultegra Di2 7,989.00ドル
  • SR​​AM RED eTap AXS 8,479ドル
  • Dura-Ace Di2 6,599ドル

https://www.bespokecycling.com/blog/road/the-new-parlee-rz7

日本では、PARLEEというブランドを聞かないですが、色々と意欲的なバイクを作り出しているようです。

最初の限定100台のFactory Editionバイクは5月上旬に発売予定です。

その他のRZ7シリーズの詳細などは、近日中に公開されて、年内には最初の2020年モデルの発売予定です。日本では誰も乗ってないので、目立つかもしれないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました