ロードバイクの情報を発信しています!

Factorからエアロロードの要素を取り入れたグラベルバイクOstro Gravel登場

機材情報
Image credit: factorbikes
この記事は約8分で読めます。

Factorは、新しいグラベルレースバイク、Ostro Gravelを発表。

Ostro Gravelのカーボン フレームは、最前線のグラベルレースで競争力を発揮することを目的としたエアロ最適化を特徴としており、45mmの広いタイヤクリアランスを組み込んでいる。

バイクのアグレッシブなジオメトリは「レースでの使用を反映している」と言われている。

また、バッグ、ボックス、ツール、ボトル用の追加の取り付けポイントを備えており、多様なグラベル分野の過酷さに備えている。

 

スポンサーリンク

Factor Ostro Gravel 

こちらはプロモーションビデオ

 

Factor Ostro Gravelは、まず第一に、最高レベルのグラベルレースに参戦するために設計されたバイクとなっている。

最高というとダーティカンザと呼ばれていた、Unbound GravelとかUCIグラベル世界選手権でも走れる、スピードと性能を持っているということだ。

 

Image credit: factorbikes

 

しかし、グラベルは多様で柔軟な種目であるため、Ostro Gravelのデザインは、ロードバイクに乗る人のニーズにも応えられるよう設計されている。

フレームはTeXtremeと東レのカーボンをブレンドし、日本のグラファイトファイバーを織り込んだもので、Factorはグラベルレースに対応する「強化レイアップ」と呼んでいる。

重量は900gで、オールラウンダーロードバイクのOstro VAMに見られるような幅広いエアロチュービングが特徴となっている。

 

Image credit: factorbikes

 

ヘッドチューブとダウンチューブの形状は、楕円形でありながら切り落とされており、グラベルの走行速度に合わせた空力的な最適化が図られているという。

グラベルレースのシナリオでは、一般的なロードレースよりも平均速度が低くなるため、高速走行時の究極の風切り性能はそれほど必要ではない。

その代わりに、Ostro Gravelのチューブは、厳しい条件下でのエアロの安定性を促進するために、著しく角張っている。

 

Image credit: factorbikes

 

グラベルバイクとしては平均より急な72.3度のヘッドチューブアングルにより、安定した乗り心地とシャープなハンドリングを実現するジオメトリーとなっている。

Factorによると、このヘッドチューブアングルは、「クロスオーバーアプリケーション」を与えることを重視している。

これは、グラベルタイヤ装着時はよりリラックスした挙動、ナローでスリッカーなゴム装着時はロードバイク的なシャープなハンドリングを与えることを念頭に置いて選定されている。

 

Image credit: factorbikes

 

正確な数値はタイヤによって異なるが、ワイドでがっしりとしたグラベル専用タイヤを装着したライダーは約60mmのトレイルとなる。

 

Image credit: factorbikes

 

その他、56cmサイズで1,029mmのホイールベースは、荒れた路面でも安定した走りを提供する。

ヘッドチューブの角度と長いチェーンステー(423mm、サイズ56cm)、高いスタックハイト(580mm、サイズ56cm)の組み合わせは、一日中快適な乗り心地を提供してくれる。

 

BLACK INC AERO インテグレーテッド バーステム

Image credit: factorbikes

 

Factor Ostro Gravel は、新しいBlack Inc HB02 カーボンバーステムの採用により、完全なインターナルケーブルルーティングを実現している。

油圧ブレーキホースはハンドルバーとステムを通り、スプリットリングを介してセラミックスピードヘッドセットのフロントを通過する。そこからダウンチューブまたはフォークレッグを経由している。

 

Image credit: factorbikes

 

バー自体は、エアロプロファイルされたフラットなトップと、ステムとハンドルバーを結ぶ広いT字型ジャンクションが特徴。通常のバー・ステムセットアップと比較して、最大9ワットのパワーを節約できると言われている。

Factor社内コンポーネントブランドであるBlack Incは、ドロップのフレアデザインにより、最適なシフターポジションを見つけやすくなると主張している。

さらに、手の可動性を向上させ、ライダーがフードの上とドロップの中をより簡単に行き来できるようになる可能性もあるそうだ。

HB02バー・ステムは、カメラ用のセカンダリーマウントポイントを内蔵した、新しいGoProスタイルのアウトフロントコンピューターマウントを装着することも可能。

 

Image credit: factorbikes

 

フォークには丸みを帯びた1/8インチステアを採用し、必要に応じてサードパーティ製コックピットへの交換も容易に行える。

Ostro Gravelのフルモデルには、フレームセットとホイールバンドルに加え、Black IncのThirty-Fourカーボンホイールセットが付属している。

 

Image credit: factorbikes

 

30mm幅以上のチューブレスタイヤを装着しており、ロードライディングにも適している。

フックレスリムは内部リム幅25mm、外部リム幅30mm、深さ34mmで、セラミックスピードベアリングを搭載したBlack Inc独自のハブを中心に構成されている。

ホイールセット重量は1,489g。

 

Factor Ostro Gravel SPEC

Image credit: factorbikes

 

Factor Ostro Gravelには、6つのSRAM装備の完成車が用意されている。装備としては

  • フレックス Black Inc Thirty-Four ホイール
  • Black Inc 一体型コックピット
  • ボトムブラケットのCeramicSpeedベアリング
  • CeramicSpeed ヘッドセット

以上は全てのシリーズに搭載されている。

 

Factor Ostro Gravel SRAM Red + パワーメーター

Image credit: factorbikes

 

ここでは最上位モデルのFactor Ostro Gravel SRAM Red + パワーメーターのスペックを紹介。

  • フレーム:Factor Ostro Gravel
  • フォーク: Factor Ostro Wide Stance フォーク
  • グループセット: SRAM Red eTap AXS
  • パワーメーター: SRAM Red AXS パワーメータークランクセット
  • ホイール: Black Inc Thirty-Four カーボンフックレス
  • タイヤ: Goodyear Connector Ultimate、チューブレス対応、40mm
  • シートポスト: Factor Ostro Gravel (Zero+20mmセットバック)
  • ハンドルバー/ステム: Black Inc HB02
  • サドル: Selle Italia SLR Boost
  • 価格: £9,380(約145万円)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました