ロードバイクの情報を発信しています!

MAVICの買収先決定 ベルナール・イノーは買収に成功したのか?

海外情報
Photo archives Le DL
この記事は約4分で読めます。

MAVICの買収先は今月末に決定すると情報があったのは数日前のこと。

 

ついに、マビックの買収先が決定した。

ベルナール・イノーのグループは買収に成功したのだろうか?

 

スポンサーリンク

買収先は?

MAVICの本社

グルノーブルの裁判所は、ツール・ド・フランスのテクニカルパートナーであるBourrelierグループによるMAVICの買収を承認した。

これにより、ベルナール・イノーが参加していたグループ他13社は負けたことになる。

Bourrelierグループは、DIY小売業に特化しており、ベルギーとオランダではGammaブランドとKarweiブランドのハードウェアチェーンも所有している。

 

photo Bricorama

Bricoramaグループは簡単に言うとフランスで展開されているホームセンターだ。

 

事業の焦点を絞る

photo mavic

雇用の維持として新オーナーは、サントリヴィエの生産拠点とアヌシーの研究開発拠点で働く210人以上の従業員のうち105人を維持するが、会社の焦点は絞られることになる。

MAVICは、ホイール専門ブランドからフットウェア、ヘルメット、アパレル、タイヤ、その他のアクセサリーへと拡大してきた。だが新オーナーは、アルミニウムとカーボン製のリム、ハブ、ホイールに焦点を絞るという。

グループは、MAVICの生産ツールを近代化し、研究、開発、イノベーションへの取り組みを継続する計画。

 

しかし、発表ではMAVICがツール・ド・フランスに中立的なサービスを提供するパートナーシップを継続するかどうかについては言及されていない。

同社は3年前、ASOとの40年契約を2022年まで延長している。

 

参考までにMAVICのこれまでの経緯を再度まとめておくことに。
MAVICのこれまで
  • STEP1
    1889年
    ホイールブランドとしてフランスのリヨンで創業
  • STEP2
    1973年
    ASOと契約しグランツールのサポートカーとして活動開始

    黄色いMAVICカーはなくてはならない存在となる

  • STEP3
    2005年
    Amer Sportsが買収

    Amer Sportsは、Salomon、Arc’teryx、Peak Performance、Atomic、Suunto、Wilson、Precorなどの国際的に認知されたブランドを持つスポーツ用品会社

    SalomonはMAVICの直接の親会社となる

  • STEP4
    2018年
    Amer Sportsは、ビジネスの戦略的見直しを受けて、Mavicを売却することを決定

    Amer SportsはEnveの所有者でもある

  • STEP5
    2019年
    3月に投資グループであるリージェントLPに売却を発表

    7月に契約完了

  • STEP6
    2019年
    リージェントLPからの連絡がなく9月に経済警報を発し、12月にMavicを地方商事裁判所の保護下に置くよう要求
  • STEP7
    2020年
    リージェントLPに売却されたのではなく、Mスポーツに売却されたことを知る

    5月2日管財人となる

  • STEP8
    2020年
    7月24日 Bourrelierグループに買収される

    事業縮小でホイールに専念

MAVICカーがツール・ド・フランスで見れなくなると寂しくなりますね。私もMAVICのホイールを使っているだけにホイール事業の存続は嬉しいですが、それ以外が無くなるのもちょっと残念。

これから、MAVICのウェアとかシューズとかは在庫限りとなりそうですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました