ロードバイクの情報を発信しています!

LOOKからツール・ド・フランス限定版KEO BladeカーボンセラミックTi TDF

https://bikerumor.com/2019/03/15/look-keo-blade-carbon-ceramic-spins-faster-longer-with-new-bearings/ 機材情報
この記事は約4分で読めます。

ツール・ド・フランスのイベントを記念して、LOOKから限定版のKEO BladeカーボンセラミックTi TDFが発売されます。

これは全世界で1700個の限定販売です。

 

スポンサーリンク

KEO Blade Carbon Ceramic

https://www.lookcycle.com/en/pedale/keo-blade-carbon-ceramic-ti-tour-de-france/

https://www.lookcycle.com/en/

こちらは、これまでのKeo Blade Carbon Ceramicです。

ベアリングは、IPX7とIPX6の耐水性のある二重密封構造で保護されています。 この旧バージョンにはクロモリスピンドルとカーボンボディが付属し、セット重量は220gでした。

セラミックベアリングを採用しており、摩擦が18%減少し、ベアリング寿命が4〜6倍向上します。これらの主張は、Lookのテストに基づいています。

 

LOOK KEO BLADE CARBON CERAMIC A FRENCH MOVEMENT

 

Keo Blade Carbon Ceramicよりも更にアップグレードされたのがツール・ド・フランス限定版となります。

たんなるペイントだけではなく、アップグレードされています。

 

KEO BladeカーボンセラミックTi TDF

https://www.lookcycle.com/en/pedale/keo-blade-carbon-ceramic-ti-tour-de-france/https://www.lookcycle.com/en/pedale/keo-blade-carbon-ceramic-ti-tour-de-france/

LOOKはクロモリスピンドルをチタン製スピンドルに交換

これまでの220gから190gに軽量化。

今年7月のツールでは、9チームが新しいKeo Bladesでレースをする予定。

 

http://translate.google.com/translate?hl=ja&sl=auto&tl=ja&u=https%3A%2F%2Fwww.lookcycle.com%2Fen%2Fpedale%2Fkeo-blade-carbon-ceramic%2F

ロマン・バルデ以外にも、ナイロ・キンタナやガビリア、カレブ・ユアンなども使用します。

 

最適化されたスピンドル

https://www.lookcycle.com/en/wp-content/uploads/sites/7/2019/03/Picture-AXE-FILAIRE-KEO-BLADE-CARBON-CERAMIC-FOND-NOIR.jpg

新しいカーボンブレードセラミックのスピンドルは完全に再設計された。

ペダルのプラットホームのすぐ下にローラーとセラミックベアリングを通り抜ける車軸とスピンドルのが位置している。この新しい構造は100 rpmでおよそ2ワットを節約

ローラーとニードルベアリング間の距離が25%増加。 これにより、スピンドルの全長にわたって剛性が増し、結果として動力伝達が向上。

高い信頼性と寿命を実現するために、耐候性が120%向上。 これを達成するために、新しいスピンドルはOリングワッシャーで更新されたエンドプラグを受け取り、内部に二重リップシールも備えている。

 

https://www.lookcycle.com/en/wp-content/uploads/sites/7/2019/03/LOOK-KEO-BLADE-CARBON-CERAMIC-FOND-NOIR.jpg

LOOKアクスルは、ペダルの中心に90 kgの荷重をかけた状態で100 rpmで200万サイクルの回転テストを行った後にのみ承認されている(これにより各回転にストレスが発生します)。

これは、アンドレ・グライペルによる100rpmで333時間の1700ワットのスプリントに相当。 このテストは、現在の規格であるISO 4210よりもはるかに厳しいものです。

 

アンドレ・グライペルでも、333時間もスプリントしっぱなしは出来ないと思いますけど~。
それだけテストを行っているということなのでしょうね。

 

限定版セットはツール・ド・フランスのブランドと黄色のデザインが特徴になります。

このリリースは全世界で1,700台に限定販売。1セットあたり290ユーロの値段が付けられます。Keo Blade CCTの標準バージョンは今年後半にリリースされる予定です。

 

Keo Blade Carbon CeramicTi TDF仕様

  • BODY  Carbon
  • SPINDLE Titanium
  • THREADING 9/16 X 20 mm
  • BEARINGS Ceramic
  • STACK HEIGHT 14.8 mm 高さ
  • DISTANCE PEDAL SPINDLE / CRANKARM 53 mm
  • PLATFORM WIDTH 67 mm  幅
  • PLATFORM SURFACE AREA 700 mm² 表面区域
  • TENSION Pedals come installed with “12” carbon blades + additional “16” carbon blades
  • CLEATS Kéo Cleats-Gray FLOAT 0 °, 4.5 ° or 9 ° according to the cleat color (Black, Grey, Red)
  • PEDAL WEIGHT 95 g (248 g per pair with cleats and screws)
  • COLORS Black
  • ACCESSORIES 2 sets of blades +1 pair of Kéo Cleats-Gray + screws WARRANTY 2 years

保障は2年となっています。

 

KEO BLADE CARBON BLADE CHANGE

 

LOOKのペダル型のパワーペダルの紹介記事です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました