ロードバイクの情報を発信しています!

Bontragerからコンパクトな250mmのBontrager Verseショートノーズサドル登場

機材情報
Image credit: trekbikes
この記事は約4分で読めます。

Bontragerは新しいユニセックスのショートノーズ サドルをリリース。

Bontrager Verse Short は、パフォーマンスライディングポジションであらゆる性別のライダーに的を絞ったサポートを提供する。

ロードサイクリストとマウンテンバイカーの両方を対象としたVerse Short は、オリジナルの Verse サドルから20mm削り出し、全長は250mmのショートノーズサドルとなっている。

 

スポンサーリンク

Bontrager Verse ショートノーズサドル

Image credit: trekbikes

 

Verse Shortは、250mmの長さのサドルの中央に、圧力を逃がすための溝がある。

また、サドルの端と切り欠きの端の間に若干のくぼみがあり、幅は145mmと155mmが用意されている。

プロチームのフィット調査や、小売店からのフィードバックも合わせると、大半のライダーがより広いサドルを選んでいることがわかったとBontragerは言う。

 

Image credit: trekbikes

 

Verse Short Saddleは、ライダーの脚の内側の動きや骨盤の回転にサドルのエッジが適応するよう、ウィングフレックスを少し持たせた4つのモデルで展開されている。

 

Image credit: trekbikes

 

また、すべてのモデルがボントレガー社のリア用アクセサリーマウントBlendrに対応しており、Bontrager Flare RT Rear Bike Lightをしっかりと装着することができる。

ショートサドルの市場は拡大傾向にあり、ライダーは余計な面積がなく、より快適なものを求めている。

Verse Shortは、余分な素材や無駄な形状を排除し、ライダーがより短く、より軽く、より快適なサドルを手に入れることができるように最新のニーズを取り入れて設計されている。

 

Image credit: trekbikes

 

Bontrager Verse Shortの4つのモデルの違いはレールの素材。どのモデルもフォア・アフターポジションの幅を広げるためにロングレールを採用している。

  • Bontrager Verse Short Comp Bike Saddle こちらはブラックのみで、ステンレス製のレールで作られている。価格は9,900円
  • Bontrager Verse Short Elite Bike Saddle カラーはレッドとブラック。中空チタンよりも軽くて丈夫なオーステナイトレールで作られている。ォームパッドを最適化し、軽量の快適性を高めている。価格は17,900円。
  • Bontrager  Verse Short Trail Elite   Trail EliteはEliteオプションと同じで、オフロードの土や泥からの保護を強化するための耐摩耗性コーティングが施されているのが特徴。
  • Bontrager Verse Short Pro Bike Saddle   カラーは黒のみ。軽量なカーボン強化シェルで、重量、強度、コンプライアンスをバランスよく設計。軽量強度のためにオーバーサイズのカーボンレールで作られている。価格は31,900円。

 

Bontrager は 30 日間の返金保証を提供しているため、サドルに乗って気に入らなかった場合は、単に返送して払い戻しを受けることができる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました