ロードバイクの情報を発信しています!

ルイス・レオン・サンチェスのARGON18 GALLIUM PRO

機材情報
https://www.cyclowired.jp/image/node/231862
この記事は約10分で読めます。

2019年アスタナ・プロ・チームのバイクは昨年に引き続きARGON18。

アスタナのベテランライダー、ルイス・レオン・サンチェスのアルゴン18ガリウムProの紹介です。

 

スポンサーリンク

ARGON18

http://argon18.jpn.org/

ARGON18は、カナダ・ケベック州の都市モントリオールを拠点とする、スポーツバイク専業のカナディアンメーカー。

ARGON18は、セントローレンス川の中洲に発展した「北米のパリ」と呼ばれる美しい街モントリオールで作成されています。

1989年にロードレースのカナダ代表としてオリンピックに出場した、元プロロードレーサーのジェルベー・リュー(Gervais Rioux)によって創業されました。

 

http://argon18.jpn.org/about

 

ツアー・オブ・ルクセンブルグ、ツアー・オブ・ネバダ、グランプリ・ド・シクリスト・モンレアルなどのプロレースでの勝利、3度の全カナダロードチャンピオンなど通算150勝以上を挙げたプロロードレーサー、ジェルベー・リュー。

1982年コモンウェルスゲーム、1988年ソウルオリンピック出場を経験し、1990年の宇都宮で行われた世界選手権ロードレースを最後に引退しました。

 

ジェルベー・リューがプロ生活最後の年に駆ったARGON 18バイク

 

モントリオールを拠点とするプロチーム「EVIAN MIKO(エヴィアン・ミコ)」の所属選手だったリューが、プロ生活最期の年に駆ったバイクがARGON 18だった。

当時、地元サイクルショップのプロデュースするショップブランドとしてスタートしてわずか1年のARGON 18は、リューの活躍により一躍脚光を浴びるようになる。しかし同時にショップは経営難に陥っていた。

 

ミーティングルームに展示されたバイク

 

リューはショップからビジネスをもちかけられ、経営権を50セントで買い取り、債務ごとビジネスを引き継ぐことに。1990年12月、引退してから2ヶ月余りで選手からショップ経営者になった。

2017年ユーロバイクに出品したNOTIO Connectを搭載したバイク

 

小さなサイクルショップを元に始まったARGON 18のビジネスは、1999年以降毎年20%の割合で伸び続けた。

  • 1990年にARGON 18はインターバイクに初めて出展
  • 2001年には同社初のカーボンフレーム、HELIUM(ヘリウム)を製品化
  • 2008年にはタイムトライアルバイク「E-114」がユーロバイクアワードを受賞
  • 2015年にはBORA ARGON 18がツール・ド・フランスへの出場
  • 2017年からはUCIワールドチームであるアスタナプロチームのバイクスポンサー

ファビオ・アル(アスタナ)が駆ったARGON 18 GALLIUM PRO

 

現在は年間15,000台、世界70カ国以上で販売されるARGON18。究極のバイクを造ることこそがARGON18の第一の目標であることは、これからも変わることがない。

 

ルイス・レオン・サンチェスのARGON18 GALLIUM PRO

https://www.bikeradar.com/

ルイス・レオン・サンチェスが乗るのはARGON18 GALLIUM PRO。サイズは56。

身長は186cmあるので、もう少し大きいサイズでもいいような気がしますが。

サイズのラインナップが:XXS(415)、XS(455)、S(490)、M(530)、L(565) C-T

だけのようなので、納得です。

 

チームカーにのっているのは全てARGON18 GALLIUM PROです。

https://twitter.com/AstanaTeam

 

ARGON18にはエアロロードでディスク仕様のNITROGEN DISCもあるのですが、平地でも使用してないようです。なんでなんでしょうねえ~。

 

http://argon18.jpn.org/wp-content/

 

タイヤは、Wolfpack Raceのチューブラー 25mm

https://www.bikeradar.com/

 

ホイールはCorima 47 WS+

https://www.bikeradar.com/

 

ハンドルはFSA Energy, 400mm ステムはFSA OS-99, 130mm。

身長の割にフレームが小さいのでステムは目いっぱい長くしてますね。

https://www.bikeradar.com/

 

FASのカーボンクランク。かなり使い込まれているように見えます。

https://www.bikeradar.com/

 

ブレーキは、シマノDura-Ace R9100

https://www.bikeradar.com/

 

サドルは、Prologo Scratch 2, Astana team issue。かなり後ろ乗りの感じに見えます。

https://www.bikeradar.com/

 

K-Edgeのフロントコンピュータマウント。

https://www.bikeradar.com/

 

ボトルケージはTacx Ciro

https://www.bikeradar.com/

 

FSAのクランクセットが付いてます。コンポはShimano Dura-Ace R9150。

サンチェスのフロントは54。凄いパワーですね!

ただ、カセットは何故かShimano Ultegra、11〜28がついてます。

https://www.bikeradar.com/

 

ルイス・レオン・サンチェスのバイクスペック

  • Frameset: Argon 18 Gallium Pro, size 56
  • Front brake: Shimano Dura-Ace R9100
  • Rear brake: Shimano Dura-Ace R9100
  • Brake/shift levers: Shimano Dura-Ace R9150
  • Front derailleur: Shimano Dura-Ace R9150
  • Rear derailleur: Shimano Dura-Ace R9150
  • Cassette: Shimano Ultegra, 11-28
  • Chain: Shimano Dura-Ace R9100
  • Crankset: FSA Powerbox Carbon with FSA TT chainrings 54/39, 175mm cranks
  • Wheels: Corima 47 WS+
  • Tyres: Wolfpack Race Tubular, 25mm
  • Stem: FSA OS-99, 130mm
  • Handlebars: FSA Energy, 400mm
  • Tape/grips: Prologo
  • Pedals: Look Keo 2 Max Carbon
  • Saddle: Prologo Scratch 2, Astana team issue
  • Seatpost: FSA K-Force Light
  • Bottle cages: Tacx Ciro
  • Computer mount: K-Edge

 

ルイス・レオン・サンチェスの戦績

  • ツール・ド・フランス:区間4勝
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ:2014年山岳賞
  • 2015年ヨーロッパ競技大会ロード金メダル
  • 2009年パリ~ニース総合優勝
  • 2010年・2012年クラシカ・サンセバスチャン優勝
  • 2005年ツアー・ダウンアンダー総合優勝
  • 2010年シルキュイ・ド・サルト総合優勝
  • 2008年・2010年・2011年・2012年スペイン国内選手権個人タイムトライアル優勝

 

https://twitter.com/AstanaTeam

優勝時には必ず、フィニッシュラインで両手人差し指を天に突き上げる。若き日に事故でこの世を去った兄を想いながら。美しきライディングポジションと、優れた独走力。ダウンヒルセンスは抜群。

アスタナといえば、昨年のジロで3位、ブエルタでも3位になったミゲルアルヘル・ロペスやヨン・イサギレ、アレクセイ・ルツェンコなどに目がいきますが、ベテランとして活躍しているサンチェスも勝利を狙える選手です。

サントス・ツアー・ダウンアンダー2019第2ステージでは、最後に集団の先頭に立ってロングスパートをかけてましたね。

左端がサンチェス https://www.cyclowired.jp/より

 

昨年の7月に左肘を骨折してリハビリしていたのですが、無事に復帰出来て良かったです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました